共通市章

文字サイズ

高潮浸水想定区域について

高潮とは?

 台風や発達した低気圧が通過する際、海水面(潮位)が大きく上昇することがあり、これを「高潮」といいます。  高潮は、「気圧低下による吸い上げ効果」「風による吹き寄せ効果」「ウェーブセットアップ」が原因となって起こります。また、満潮と高潮が重なると潮位はいっそう上昇して、大きな災害が発生する可能性がより高まります。


高潮の発生原因

高潮のメカニズム高潮のメカニズム(静岡県作成)


1.気圧低下による吸い上げ効果

 台風や低気圧の中心では気圧が周辺より低いため、気圧の高い周辺の空気は海水を押し下げ、中心付近の空気が海水を吸い上げるように作用する結果、海面が上昇します。気圧が1ヘクトパスカル(hPa)下がると、潮位は約1センチメートル上昇すると言われています。例えば、それまで1,000 ヘクトパスカルだったところへ中心気圧950 ヘクトパスカルの台風が来れば、台風の中心付近では海面は約50 センチメートル高くなり、そのまわりでも気圧に応じて海面は高くなります。


2.風による吹き寄せ効果

 台風や低気圧に伴う強い風が沖から海岸に向かって吹くと、海水は海岸に吹き寄せられ、海岸付近の海面が上昇します。この効果による潮位の上昇は風速の2乗に比例し、風速が2倍になれば海面上昇は4倍になります。また、水深が浅いほど海面上昇は大きくなるとともに、風が吹いてくる方向に開いた湾では、地形が海面上昇を助長させるように働き、特に潮位が高くなります。


3.ウェーブセットアップ

 ウェーブセットアップとは、砕波(さいは)により海岸線近傍(砕波点の岸側)で海面が上昇する現象のことです。  (砕波:水深が減少すると波が不安定になり、やがて砕ける現象)


高潮浸水想定区域図とは?

 高潮浸水想定区域図は、静岡県が台風の高潮による浸水が発生した場合のシミュレーションを行い、その結果として得られた浸水区域、浸水深、浸水継続時間を地図上に反映させたものです。


高潮浸水想定区域図

 高潮浸水想定区域図(浸水区域及び浸水深)<下田市>(pdf 784kb)
 高潮浸水想定区域図(浸水継続時間)<下田市>(pdf 693kb)

その他詳しい内容

 静岡県ホームページ「高潮浸水想定区域について」(静岡県ホームページ)


注意

 今回、公表した高潮ハザードマップは水防法に基づくハザードマップではありませんが、高潮による浸水が発生した時に、自宅や普段よく利用する場所(職場、学校など)が危険ではないかなど、把握するために活用ください。  ・浸水範囲は、水防法に基づく想定最大規模の高潮を考慮していますが、同法第14条の3に基づく高潮浸水想定区域が指定されていないため、同法第15条第3項に基づくハザードマップとはなっていません。
 更新日:2022/11/10
Get Acrobat Reader
このページでダウンロードできるファイルはPDF形式で作成されています。PDFファイルをご覧頂くためには「Adobe(R)Acrobat(R)Reader」が必要です。
「Adobe(R)Acrobat(R)Reader」は、左記の「GetAcrobatReader」のボタンからダウンロード可能です。
 
このページに関するお問い合わせ: 防災安全課: 下田市東本郷1-5-18: Tel 0558-36-4145: Email bousai@city.shimoda.lg.jp