共通市章

文字サイズ

洪水浸水想定区域等の指定について

【稲生沢川の洪水浸水想定区域等が指定されました】
水防法第14条第1項及び第2項並びに水防法施行規則第2条に基づき、静岡県により稲生沢川に係る洪水浸水想定区域並びに浸水した場合に想定される水深及び浸水の継続時間が指定されました。
水防法では、国土交通省及び都道府県が「洪水予報河川」、「水位周知河川」に指定した河川について、河川が氾濫した場合に氾濫した区域を洪水浸水想定区域として指定することとしており、下田市では「稲生沢川」が水位周知河川に当たります。
指定を受けまして、市では令和2年度に皆様に配布できるよう、土砂災害・洪水ハザードマップの見直し作業を行っております。

【想定雨量】
浸水想定の前提となる基準は、想定しうる最大規模の降雨としており、稲生沢川においては15時間総雨量678.5mmとされています。

【浸水想定区域等】
洪水浸水想定区域等はこちらからご覧いただけます(静岡県公式ホームページ(外部リンク))

【参考:1976年(昭和51年)以降に下田市で発生した主な大雨】
 1976年(昭和51年)7月11日  24時間雨量349.9mm
 2003年(平成15年)8月15日  24時間雨量262.3mm
 2006年(平成18年)8月 9日  24時間雨量273.8mm
 更新日:2020/01/09
このページに関するお問い合わせ: 防災安全課: 下田市東本郷1-5-18: Tel 0558-36-4145: Email bousai@city.shimoda.lg.jp