共通市章

文字サイズ

下田市はワーケーションの推進に取り組みます

活動市内の展開お問合せ先


 ワーケーションとは、「ワーク(仕事)」と「バケーション(休暇)」を合わせた造語。いつもの仕事を犠牲にすることなく、地方でしかできない体験を実現する、新しいライフスタイルです。
 働き方改革に取り組む企業が増え、また、ICT環境が充実したことで場所を選ばない働き方が可能となった現在において、個人の自由な働き方・休み方・生き方を実現するものとして注目されています。
 そこで、下田市では、東京から直通電車で1本という立地と地域が持つ自然や歴史といった資源を活用して、交流人口の増加等を目的に、下田で仕事とリゾートライフを両立する「ワーケーション」に関する取組を推進します。
 市内関連企業・団体と連携して、施設の紹介や過ごし方の提案など、新しいライフスタイルを下田で体験したい皆さまを支援します。





あじさい祭り workation001perryroad02 workation001lifeserve





「ワーク・ライクバランスが自慢の下田」を目指す。

(最高レベルの環境が確立されたワーケーションのメッカ)
長期滞在を受け入れる快適な生活環境+リーズナブルな宿泊環境+非日常を味わえる観光環境




ワーケーション発展イメージ


活動市内の展開お問合せ先




「WORK-LIKEバランスが自慢の下田」の風景
仕事前にサーフィン楽しんじゃったり 澤村邸からペリーロード望む
ふと、海で落ち着いてみませんか

道の駅開国下田みなと 歴史あるまちなみを見て、考え直す
まちなみを眺めながら、アイディア出し

黒船祭 澤村邸ワーク
何気ない場所に仕事のヒントがあるかも



 
下田ワーケーション研究会の活動

190524研究会 「下田ワーケーション研究会」は、市内外の関係企業・団体・事業者と行政が一体となって、下田市におけるワーケーションの新たな可能性を探り、様々な展開を推進していくことを目的に設立した組織です。
 研究会は、意識向上のためのセミナーや勉強会の開催、具体的な事業を展開する企業との連携など、ワーケーションで下田に来訪する方々が過ごしやすくなるよう、アイデアを生み出し、実践していきます。

・2019年3月26日 ワークショップ「下田でのワーケーションの可能性を考える」
・2019年5月24日 第1回下田ワーケーション研究会

ワーケーションに関する市内の展開

workation001gyousei 下田市内のワーケーションに関する事業の展開についてご紹介します。
 各企業・団体等の取組内容については随時更新していきます。



問合せ先
 下田市は、下田でワーケーションを体験してみたい方、研修やワークスペースを下田に置きたいと考えている企業、団体の皆さま、ワーケーションを受け入れるための事業を検討している方など、ワーケーションの事業実施に向けた様々なお手伝いをさせていただきます。
 皆さまからのご連絡ご相談、事業提案、情報提供をお待ちしています。

下田市ワーケーション研究会事務局(下田市統合政策課内)
住所 〒415-8501 静岡県下田市東本郷一丁目5番18号
電話 0558-22-2212 fax 0558-22-3910
mail tougou@city.shimoda.lg.jp
 更新日:2019/06/17
このページに関するお問い合わせ: 統合政策課: 下田市東本郷1−5−18: Tel 0558-22-2212: Email tougou@city.shimoda.lg.jp