共通市章

文字サイズ

軽自動車税(種別割)に係る新システムが導入されます。車検時における紙の納税証明書の提示が原則不要になります。

 車検のとき:軽JNKS(軽自動車税納付確認システム)
令和5年1月4日から、車検時における軽自動車税(種別割)の納付確認が電子化され、継続検査窓口での紙の納税証明書の提示が原則不要となります。
このシステムの対象は、軽自動車(三輪・四輪)です。250ccを超える自動二輪車はこれまでどおり納税証明書の提示が必要です。


【注意事項】

納付方法によっては、軽自動車検査協会への納税データの提供にお時間をいただくことがあります。納付後すぐに車検を受ける場合には、これまでどおり納税証明書の提示が必要となる場合がありますので、お早めの納付をお願いします。

口座振替を利用されている方には、毎年6月頃に納税証明書を送付していましたが、今後は250ccを超える自動二輪車のみ納税証明書を送付します。

次のようなケースは、軽JNKSによる納付確認ができないため、紙の納税証明書が必要になる場合があります。
・納付したばかりのため、軽JNKSに納付情報が登録されていない場合
・中古車の購入直後の場合
・他の市町村へ引っ越した直後の場合
・対象車両に過去の未納がある場合

軽JNKS(表)軽JNKS(裏)



詳しくは、地方税共同機構のホームページ(外部リンク)をご覧ください。


 新車を購入したとき:軽OSS(軽自動車ワンストップサービス)

令和5年1月4日から、軽自動車の新車を購入したとき、オンライン上で手続できるようになります。パソコンから24時間365日いつでも検査の申請、各種手数料の納付、地方税の申告納付ができます。
【注意事項】
・オンライン手続ができるのは、新車購入時のみです。
・二輪・原付・小型特殊自動車については、軽OSSの対象外です。
・スマートフォンやタブレットからの申請はできません。
 更新日:2022/12/22
このページに関するお問い合わせ: 税務課: 下田市東本郷1-5-18: Tel 0558-22-2218: Email zeimu@city.shimoda.lg.jp