共通市章

文字サイズ

遺族基礎年金


 加入者が亡くなったとき、一定の条件で18歳未満の子のある配偶者または子に支給されます。
※遺族基礎年金の「子」とは、18歳に達する年度末までの間の子(障害者は20歳未満)のことをいいます。

支給を受けられる範囲

亡くなった方が

1.国民年金に加入していること
2.老齢基礎年金の受給資格期間を満たしていること
3.死亡日前に加入期間の3分の2以上保険料を納めていること(免除期間を含む)


※平成29年3月31日までに亡くなった場合は、特例として死亡日前の1年間に保険料の納め忘れがなければ受けられます。

令和2年度の年金額は
 781,700円

18歳に達する日の属する年度末までの間の子(障害者は20歳未満)の人数によって加算がつきます。
子のある配偶者が受ける場合
子の数−−−−−−加算額
1人目・2人目−−各224,900円
3人目以降−−−−各 75,000円

(注)子が遺族基礎年金を受給する場合の加算は第2子以降について行い、子1人あたりの年金額は、上記による年金額を子供の数で除した額
 更新日:2020/06/25
このページに関するお問い合わせ: 市民保健課国保年金係: 下田市東本郷1-5-18: Tel 0558-22-3922: Email shiminhoken@city.shimoda.lg.jp