共通市章

文字サイズ

特別の理由による任意予防接種費助成事業

骨髄移植手術などの理由により、すでに接種した定期予防接種の効果が期待できないと医師に判断され、再接種が必要な方に対し、費用を助成します。助成制度を利用する場合は、予防接種を受ける前に申請が必要です。まずは市民保健課健康づくり係にお電話でお問い合わせください。

■助成対象者(以下のすべてに該当する方)

1.骨髄移植手術その他の理由により、既に接種を受けた定期予防接種の予防効果が期待できないと医師に判断された者。
2.予防接種を再度受ける日において、接種対象者の住所が下田市である者。

■助成内容

過去に定期予防接種として受けたワクチンの再接種に要する費用
※再接種日の属する年度において下田市が定める定期予防接種委託料を助成の上限額とする。
※他の公的制度による補助を受けている場合は、その額を控除した金額とする。

■助成対象の予防接種

次の1~3全てに該当する予防接種が助成対象の予防接種です。
1 令和4年4月1日以降に再接種する予防接種である。
2 予防接種法で定める定期予防接種である。
3 接種時の年齢が20歳未満である。
ただし、次の予防接種の場合には、年齢に上限があります。
予防接種の種類年齢の上限
四種混合15歳未満
BCG4歳未満
ヒブ10歳未満
小児肺炎球菌6歳未満

■手続きの流れ

※まずはお電話でお問い合わせ下さい
1.下田市役所市民保健課健康づくり係で助成対象者であることの認定申請をする。
2.認定を受けた後、医療機関にて再接種を受ける。費用については一旦全額お支払いをお願いします。
3.助成金の申請をする。

認定の申請に必要な書類

接種対象者が対象予防接種を受ける前に、以下の書類により認定の申請をしてください。
◎下田市特別の理由による任意予防接種対象者認定申請書(様式第1号)様式第1号(pdf 8kb)
◎下田市特別の理由による任意予防接種に関する理由書(様式第2号)様式第2号(pdf 8kb)又は骨髄移植手術その他の理由により既に接種を受けた定期予防接種の予防効果が期待できない旨及び対象予防接種の種類が記載された医師の診断書
◎母子健康手帳(予防接種の履歴が確認できるもの)

助成の申請に必要な書類

対象予防接種の再接種日から起算して1年を経過する日までに、以下の書類により助成の申請をしてください。
◎下田市特別の理由による任意予防接種費用助成金交付申請書(様式第4号)様式第4号(pdf 10kb)
◎領収書、診療明細書(再接種を受けた日、対象者、医療機関がわかるもの)
◎予防接種予診票の写し(接種記録が確認できれば母子健康手帳でも可)
 更新日:2022/08/19
Get Acrobat Reader
このページでダウンロードできるファイルはPDF形式で作成されています。PDFファイルをご覧頂くためには「Adobe(R)Acrobat(R)Reader」が必要です。
「Adobe(R)Acrobat(R)Reader」は、左記の「GetAcrobatReader」のボタンからダウンロード可能です。
 
このページに関するお問い合わせ: 市民保健課健康づくり係: 下田市東本郷1−5−18: Tel 0558-22-2217: Email shiminhoken@city.shimoda.lg.jp