共通市章

文字サイズ

下田人の息づかい ~改めて、下田まち遺産~

下田人の息づかい2018-11-14
 2019年、下田市景観計画は10周年を迎えます。
 景観計画は、簡単に言うと下田の美しさを維持保存し、更に増やすための仕組みを定めています。
 その中に「下田を象徴」「下田の誇り」「下田らしさを感じる」「次代へ継承すべき」に値する「下田まち遺産」というものがあります。下田の人々がこれらのことを感じるもの、建物や文化、風俗、風景、有形無形を問わず、全てが皆さまにとっての下田まち遺産となります。

自分のまち遺産を世界に広めてみませんか
 自分で思う「下田まち遺産」を他の方々にも知ってもらいたい、保存や活用していきたいと考えている場合、是非市に提案をお願いします。
提案していただいた下田まち遺産を審査し、市としても広報していくと認めたものが認定まち遺産です。現在140件が認定されています。

認定・登録
 認定まち遺産のうち、今後維持保存していくという所有者の意向があり、市と協力して保存していこう、と約束したものが登録まち遺産となります。登録まち遺産となると、市が維持修繕などのために助成をします。
 現在、明治初期に建てられた建築物を中心に14件が登録されており、年に数件、修繕等の助成をしています。個人の所有物に助成をすることに対して疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、下田らしい景観を守ることに同意しているため、これら建物はむやみに取り壊し、建て替えなどが出来ません。

今から、これから
 過去、下田の象徴となり得たような建物がなくなってしまい、今後同じことが起きないように下田まち遺産という取組が始まりました。
 今後の10年、20年後の下田を考えたり夢見たりするとき、今できることを下田まち遺産を通じて一緒に考えてみませんか。
トップロゴ01
 更新日:2018/11/22
このページに関するお問い合わせ: 建設課: 下田市役所別館2階: Tel 0558-22-2219: Email kensetsu@city.shimoda.lg.jp