共通市章

文字サイズ

平成29年8月下田再興日誌

自転車

8月1日(火)フラッグツアーの自転車キャラバン隊下田市へ到着
 1日、下田市役所に2020年東京五輪旗とパラリンピック旗を披露する「フラッグツアー」の自転車キャラバン隊9名が到着しました。あいにくの天気でしたが、東京オリンピックに向けて伊豆全体で大いに盛り上げていきたいです。
委嘱状交付 (1)

8月17日(木)下田市歴史的風致維持向上計画策定協議会
 下田市歴史的風致維持向上計画策定協議会の第1回目の会議が下田市役所にて行われました。
 下田市は歴史的資産に恵まれているので、未来にしっかり引き継いでいかなければならないため国の支援を受けながら歴史的風致の維持向上を目指していきます。
ライフセーバー


8月18日(金)オーストラリアマルチドーサーフライフセービングクラブ表敬訪問

 NPO法人下田ライフセービングクラブと姉妹都市20周年を迎えたオーストラリアのマルチドーサーフライフセービングクラブのメンバー6名の方々が下田市役所に来られました。下田市と南伊豆町の海水浴場で下田ライフセービングクラブとともに監視活動をしていただきます。今後も交流活動で双方の技術向上や親睦を深めてほしいです

8.22(1)8.22(2)
8月22日(火)伊豆縦貫自動車道早期全線開通についての要望活動

 石井啓一国土交通大臣、牧野たかお国土交通副大臣(静岡県選出参議院議員)と面会をし伊豆縦貫自動車道ができることにより地域に生まれるストック効果や救急医療施設への移動時間が短縮されるなど大いに期待していることを伝え、早期全線開通の要望をしました。
伊豆半島の東海岸の関係首町、市町議員とともに国土交通省本省(東京都)を訪れ伊豆縦貫自動車道の早期開通について要望活動を行いました
 今後も引き続き早期全線開通に向け要望活動を行っていきます。
8.29(1)
8.29(2)
8月29日(火)下田港防波堤の整備および伊豆縦貫自動車道早期全線開通についての要望活動

 下田市内の関係団体とともに国土交通省中部地方整備局に対し要望活動を行いました。中部地方整備局は、下田港の防波堤整備や伊豆縦貫自動車道の整備を直接行っている機関になります。
 下田港の整備促進につきましては、港湾担当副局長、港湾空港部長他14名の幹部の方と面会し、水産業及び観光面の発展や津波低減効果に期待していることを伝え、外防波堤及び外ヶ岡物揚場の早期整備促進、泊地・航路の埋没浚渫の促進、鵜島防波堤、東防波堤の整備について要望活動を行いました。
 中部地方整備局副局長、道路部長、道路調査官と面会し伊豆縦貫自動車道ができることにより地域に生まれるストック効果や救急医療施設への移動時間が短縮されるなど大いに期待していることを伝え、早期全線開通の要望をしました。
 今後も引き続き防波堤の早期完成及び伊豆縦貫自動車道の早期全線開通に向け要望活動を行っていきます。


【その他の活動報告】
・8月3日(木)〜4日(金)沼田まつり(群馬県沼田市)
8月25日(金)下田メディカルセンター8月議会定例会、下田地区消防組合8月議会定例会
・8月28日(月)南豆プラント8月定例会、伊豆斎場組合8月定例会
 更新日:2017/09/11
このページに関するお問い合わせ: 統合政策課: 下田市東本郷1−5−18: Tel 0558-22-2212: Email tougou@city.shimoda.lg.jp