共通市章

文字サイズ

みんなの新型コロナ対策「下田モデル」



〇「下田モデル」夏期取組の振り返り

実施内容の詳細

場 所海水浴場伊豆急下田駅検査体制
実施対策白浜大浜海水浴場の入口制限、検温、浜地のロープ枠、リストバンド海水浴場公衆トイレの和式トイレに簡易洋式トイレを設置サーモグラフィーを設置
実施期間7/23(木・祝)~8/30(日)終了
今後の対応通常管理に戻す
※新型コロナが収束しない場合は、来年度も同様な対応が必要
公共施設のトイレを感染防止のため和式トイレを洋式トイレに改修予定市役所庁舎西館ロビーに設置予定
※文化会館の屋内イベント等に貸出しを検討中
9/1から抗原検査受診体制が本格稼働予定
(1)夏期の感染者発生を現時点でゼロに抑え込むことができ、感染防止対策「下田モデル」は一定の効果があった。
(2)ガイドラインの海水浴場閉鎖基準により一部混乱がみられたため、ガイドラインの見直しも含め夏期対策協議会等で協議する。
(3)違法業者への対応について、近日中に地元と市及び該当業者の三者で話し合いの場を設置し協議をするとともに、今後、実効性のある条例改正に向け検討を進める。

今後の取組について

新型コロナウイルス感染症は、今後も予断を許さない状況であり、秋以降は新しい生活様式・観光様式について提案するため準備を進めています。



1 下田モデル作成の趣旨

 新型コロナウイルス感染症が世界的に猛威を振るう中、海水浴場開設に伴い、多くの観光客が本市を訪れることが予想されます。
 市は、市民や観光客の安心・安全を守るための取組として、本市を訪れる観光客に健康管理の呼びかけや、新型コロナウイルス感染症の発症者が発生した場合の対応に関する方針を示した「下田モデル」を作成しました。

<下田モデル 3つの安心ポイント>
 ①みんな安心 各プレイヤーができることをそれぞれ実施 市民・観光客の双方が安心する下田
 ②どこでも安心 あらゆるシーンにおいても対応を 安心して過ごせる・楽しむことができる下田
 ③もしもの時も安心 感染を広げない対応 持続できる下田

 下田モデルでは、事業者向けの感染予防対策に対する支援、観光客に向け下田ルール(下田に来る前に守ってほしいこと・下田に来たら守ってほしいこと)の周知、そして医療機関との緊密な連携を実施することとしています。

2 下田モデルの概要

新型コロナ下田モデル概要


全国的な感染拡大への対応として下田モデルを強化します [8月7日更新]


下田モデル強化20200807







みんなの新型コロナ対策「下田モデル」の詳細はこちら

「新型コロナウイルス感染防止の中での観光客を受け入れ」の詳細はこちら(発行:市観光協会)

下田モデルチラシ(pdf 1,190kb)

下田モデルチラシ_表下田モデルチラシ_裏
 ※作成に当たって、下田市出身の漫画家鈴木由美子先生にご協力いただきました。
 更新日:2020/09/02
Get Acrobat Reader
このページでダウンロードできるファイルはPDF形式で作成されています。PDFファイルをご覧頂くためには「Adobe(R)Acrobat(R)Reader」が必要です。
「Adobe(R)Acrobat(R)Reader」は、左記の「GetAcrobatReader」のボタンからダウンロード可能です。
 
このページに関するお問い合わせ: 統合政策課: 下田市東本郷1−5−18: Tel 0558-22-2212: Email tougou@city.shimoda.lg.jp