共通市章

文字サイズ

【ご案内】令和3年度分の市民税・県民税の申告会場開設のお知らせ

所得税・市県民税の申告書は、インターネット・郵送での提出を!
◆所得税の確定申告書は、インターネット接続パソコン・スマートフォンを利用して国税庁の確定申告等作成コーナーからe-Taxで提出できます(申告書を印刷し郵送提出も可能です)。
◆市県民税の申告書の提出は、郵送でも受け付けています。
これらの提出方法を利用することにより、可能な限り申告会場への来場を避け、会場での新型コロナウイルス感染症及びその他感染症への感染防止(三密の回避)にご協力ください。

令和3年度分の市民税・県民税(以下「市県民税」と略します。)の申告会場を、令和3年2月16日(火)より開設します。
市県民税の申告は、あなたの前年中(令和2年1月1日から令和2年12月31日)の所得及び控除(配偶者・扶養・障害者・生命保険・医療費 等)について申告書を作成し提出するものです。
今回の申告会場の運営につきましては、新型コロナウイルス感染症及びその他感染症(以下「感染症等」と略します。)の拡大防止の観点から従来までとは大きく異なります。
皆様のご理解ご協力をお願いします。


(1)感染症等の感染防止対策を踏まえた申告会場運営について
申告会場での感染症等の感染防止の観点から、三密(密集・密閉・密接)を回避するため、申告会場の運営等について、次のとおりといたしました。

<出張会場の統合等について>
各地区の出張会場の統合等を行い、空間の大きな会場でのみ開設することにしました。
統合については、こちらのページ(クリックで移動します)にてご確認ください。
出張会場の開設日程は、以下の(4)にてご確認ください(クリックで移動します)。

<会場の運営及びルール>
申告会場に来場される場合は、以下についてご協力をお願いします。

・申告会場には、原則としてお一人でご来場ください。
・ご来場時には、マスクの着用が必須です。
・ご来場時には、備付の消毒薬にて手指消毒してください。
・発熱がある場合や体調の優れない場合には、ご来場をお控えください。

・入場時に非接触型体温計で検温させていただきます。発熱がある場合(概ね37.5度以上)は、入場をお断りさせていただきます。
・スマートフォンをお持ちの方は、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)の利用をお願いします。
・市役所会場では、ソーシャルディスタンスを確保します。このため、会場内の待合席が少なくなり、混雑時には入場を制限します。混雑時には時間を空けて再度ご来場いただくなど、ご協力をお願いします。
・出張会場においても、ソーシャルディスタンス確保のため、会場内での待合席が少なくなります。
・消毒作業や待合されている方の申告相談を進めるため、12:00~13:00の間は受付できません。
・会場の混雑緩和のため、地区毎に申告推奨日を指定しております。原則、地区の推奨日にご来場くださいますよう、お願いします。ただし、出張会場の対象地区の方は、出張会場にお越しください

<書類の事前作成のお願い>
会場の混雑緩和(三密の回避)及び会場での相談時間(滞在時間)を短縮し、感染症等の感染リスクを低減させるため、以下に該当する方は、書類の事前作成をお願いします。なお、申告会場では職員が以下書類の作成は代行しません。
・農業・事業・不動産所得がある方は、「収支内訳書」をご自宅で作成してきてください。
・医療費控除を申告される方は、「医療費控除の明細書」をご自宅で作成してきてください。


市県民税申告書の郵送提出を推奨いたします!
こちらのページ(クリックで移動)にて、市県民税申告書の記載方法、郵送提出方法を掲載しております。
昨年中に収入が無かった方や、遺族年金又は障害年金のみ収入があった方の申告書は、簡単な記載だけで完了しますので、申告会場の混雑緩和や申告会場での感染症等の感染防止のため、ご自宅で申告書を作成し、郵送での提出にご協力くださいますようお願いいたします。


(2)申告の対象者について
令和3年1月1日に下田市に住所がある方は、原則として申告が必要です。
前年中に収入がなかった方でも、非課税証明書の発行、国民健康保険税・後期高齢者医療保険料・介護保険料の算定、その他の手続き等で必要となりますので、期間中に必ず申告してください。また、障害年金・遺族年金のみ収入がある方も、原則として申告が必要となります。
ただし、所得税の確定申告をされた方や、給与所得者で年末調整済みの方などは申告が不要となる場合があります。
次のフローチャートを参考に申告の必要有無をご確認ください。


申告フロー2
※所得税の確定申告における特例等について
所得税の確定申告においては、申告不要となる特例等に該当する場合がございますので、詳細は下田税務署(電話番号0558-22-0185)にお問い合わせ下さい。
<特例となる例>
公的年金等収入の合計額が400万円以下で、公的年金等に係る雑所得以外の所得の合計額が20万円以下の場合には確定申告が不要(ただし、市県民税の申告は必要となります)。

※新型コロナウイルス感染症緊急経済対策等により実施された給付金等についての申告要否の例示
区 分給付金などの種類
★申告が不要なもの
(収入(所得)とならないもの)
◆特別定額給付金
新型コロナウイルス感染症緊急経済対策により実施された一人あたり10万円の給付金については、収入に含まれません

◆子育て世帯への臨時特別給付金
子育て世帯を支援するため児童手当世帯への追加支給金(国から支給される分に限る)については、収入に含まれません

★申告が必要なもの
(収入(所得)となるもの)

◆持続化給付金
収入に含まれます(事業所得関係)。

◆家賃支援給付金
収入に含まれます(事業所得関係)。

◆新型コロナウイルス感染拡⼤防⽌協⼒⾦
休業要請等に関する協力金は、収入に含まれます(事業所得関係)。

例示以外の給付金等の申告必要有無については、国税庁のホームページ(クリックで移動)や支給元団体にご確認ください。


(3)申告時のもちもの
申告される際には、次のものをご持参ください。

1.印鑑(認め印で可)
2.個人番号がわかるもの(マイナンバーカード、通知カード、マイナンバーが記載された住民票の写し など)
3.身元確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、保険証 など)
4.前年中の収入(所得)の金額を証明できる書類



<よくある所得における必要書類の例>
対 象必要な書類 等
事業所得者
営業/農業/漁業など
売上、経費が分かる帳簿書類 等(令和2年分)
円滑に申告いただくため、ご自宅での収支内訳書の事前作成が必須です
不動産所得者
賃貸アパート/賃貸駐車場の収入など
売上、経費が分かる帳簿書類 等(令和2年分)
円滑に申告いただくため、ご自宅での収支内訳書の事前作成が必須です
給与所得者
会社員、公務員など
給与所得の源泉徴収票(令和2年分)
公的年金受給者公的年金等の源泉徴収票(令和2年分)

<その他に所得がある方の必要書類の例>
所得の例必要な書類 等
個人年金生命保険会社等から発行される個人年金の支払証明書等
(令和2年分の支払額、対応する経費が証明できるもの)
生命保険の満期金生命保険会社等から発行される支払の証明書等
(令和2年分の支払額、対応する経費が証明できるもの)
その他その他、令和2年中の収入がある方は、その収入額と
経費の額を証明できる書類等を持参ください。

5.各種控除証明書(すべて令和2年分のもの)
控除の種類 必要な書類 等
社会保険料 ・納付額のお知らせ
(1月下旬〜2月上旬に市役所から送付される国保・後期高齢・介護保険料の支払額のお知らせ)
・国民年金保険料の払込証明書 など
生命保険料・生命保険料の控除証明書
地震保険料・地震保険料の控除証明書
・旧長期損害保険料の控除証明書
医療費・「医療費控除」と「医療費控除の特例」のどちらかを選択して控除を受けます。

●医療費控除を受ける方
・医療費控除の明細書(ご自宅での事前作成が必須です)
※「医療費控除の明細書」をご自分で作成できない場合には、以下をご持参ください。
会場にて作成のご案内をしますが、申告会場内の作業場所にてご自身で作成していただきます。
・診療費等の領収書、治療のために購入した医薬品等のレシート(領収書)
・医療保険者からの高額療養費等の支給がある場合、支給額の分かる書類
・生命保険会社等からの保険金の支給がある場合、支給額の分かる書類
・医療費のお知らせ(加入の健康保険組合から通知されるもの。申告に必要な事項の記載があるものに限ります)

●医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)を受ける方
・医療費控除の明細書(セルフメディケーション税制)(ご自宅での事前作成が必須です)
・勤務先が行う健康診断等の結果表等「一定の取組」(クリックで詳細ページに移動します)を証明できる書類
※「医療費控除の明細書(セルフメディケーション税制)」をご自分で作成できない場合には、「勤務先が行う健康診断等の結果表等」に加えて以下をご持参ください。会場にて作成のご案内をしますが、申告会場内の作業場所にてご自身で作成していただきます。
・薬局等で対象薬品を購入した際のレシート(領収書)
・生命保険会社等からの補てん金の支給がある場合、支給額の分かる書類

★お願いです(予め明細書の作成または合計額を計算しておいてください)
医療費控除または医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)を受けられる際には、医療費控除の明細書(セルフメディケーション税制の明細書)の添付が必須です。
会場の混雑を避けるため、ご自宅での医療費控除の明細書の事前作成が必須です。
申告会場では、職員が医療費控除の明細書の作成は代行しません。


医療費控除の明細書の作成方法が分からない場合には、人毎・病院毎に一年間の支払額を計算しておいてください。
※医療費控除の対象となる交通費は、原則として公共交通機関(電車・バス)の利用料金のみです。


<支払医療費等のまとめ方の例>
氏 名続 柄医療機関(支払先)年間支払額補てん金
下田 太郎本人○○病院25,000円3,500円
▽△歯科医院8,500円
■□□薬局2,800円
交通費3,000円
下田 花子○△クリニック5,000円
■□□薬局1,000円
交通費2,000円
下田 小太郎長男○○病院3,000円
合計50,300円3,500円

寄附金寄附先の団体等から発行される「控除証明書」や「領収書」
★ふるさと納税「ワンストップ特例」をされた方
「ふるさと納税」のワンストップ特例を申請済みの方が申告をされる場合、「ワンストップ特例」が解除となります。
そのため、所得税の確定申告を行い、「ワンストップで申請した寄附金」他、全ての寄附金の証明書を添付等しなければ控除が適用となりません。
※その他の控除がある方の必要書類については、税務課市民税係までお問い合わせください。

6.所得税の還付金を受け取る預貯金口座がわかるもの(申告者ご本人のものに限ります。還付がある場合に必要)
7.障害者の方は、障害者手帳や療育手帳、障害者控除対象者認定書
8.配偶者に所得がある方は、配偶者の令和2年分の所得金額が証明されるもの(源泉徴収票など)
※扶養控除を受けられる方は、被扶養者(扶養になる方)のマイナンバー(個人番号)が分かるもの。

※前年の申告書、収支内訳書等の控えがあればご持参ください。
また、次の(イ)の書類が市役所から、又は(ロ)や(ハ)の書類が税務署から送付されている場合はご持参ください。
(イ)令和3年度 市民税・県民税申告書(昨年度市県民税の申告をされた方には、1月下旬に申告用紙を郵送しております)
(ロ)「所得税及び復興特別所得税の確定申告のお知らせ」ハガキ
(ハ)令和2年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告書



(4)令和3年度分の市県民税申告会場の日程
令和3年度分の市県民税申告会場を次のとおり開設します。
感染症等の感染防止のため、地区毎に申告推奨日を設定しております。
混雑緩和のため、可能な限り地区の推奨日にご来場をお願いします。ただし、出張会場の対象地区の方は、出張会場にお越しください。
申告会場は大変に混み合い、お待ちいただく時間が長くなることが予想されますので予めご了承ください。
期間前の申告書提出も、市役所9番窓口にてお受付いたしますが、「申告の相談※」が必要となる場合には、2月16日(火)から開設される会場にお越しください。


※申告の相談が必要となる場合
申告書への記入方法が分からない場合
申告すべき所得や控除またはその計算方法が分からない場合 など


【日 程】
令和3年2月16日(火)〜3月15日(月)まで(土日祝を除く)

【会場・受付時刻】
下田市役所2階 大会議室 
9:00~12:00、13:00~16:00
※12:00~13:00の間は、ご来場いただいても受付できませんのでご注意ください。

【地区毎の申告推奨日及び出張会場併設のお知らせ】

混雑を避けるため、対象地区の推奨日に申告会場にお越しください。
ただし、出張会場の対象地区の方は、出張会場にお越しください。
出張会場においても、12:00~13:00の間は、ご来場いただいても受付できませんのでご注意ください。

※出張会場開設日に、出張会場の対象地区の方が市役所会場にお越しいただいても、申告資料を出張会場に持ち出していることから受付できません。

<地区別の申告推奨日及び併設出張会場の開設日程>
日  程対象(推奨)地区会  場受付時間
2月16日(火)一・二丁目市役所大会議室 9:00~12:00
13:00~16:00
2月17日(水)三・四・五丁目・武ガ浜
2月18日(木)六丁目
2月19日(金)旧岡方村・東本郷
2月22日(月)
敷根・西本郷
2月24日(水)河内
2月25日(木)落合・堀之内・荒増・椎原・箕作・相玉・横川【出張会場】
稲梓基幹集落センター
 9:30~12:00
13:00~15:00
2月26日(金)加増野・北湯ヶ野・宇土金・須原【出張会場】
稲梓基幹集落センター
3月 1日(月)吉佐美【出張会場】
朝日公民館
3月 2日(火)大賀茂・田牛【出張会場】
朝日公民館
3月 3日(水)白浜【出張会場】
白浜公民館
3月 4日(木)須崎【出張会場】
須崎漁民会館
3月 5日(金)柿崎市役所大会議室 9:00~12:00
13:00~16:00
3月 8日(月)中・東中
3月 9日(火)西中・蓮台寺
3月10日(水)立野・本郷・高馬・大沢
3月11日(木)全地区
3月12日(金)
3月15日(月)
出張会場開設期間である2月25日(木)から3月4日(木)の間(土日祝除く)、市役所会場では「『同日の出張会場対象地区以外』にお住まいの方の申告相談」を受け付けています(受付時間は、午前9時~午後4時まで)。ただし、出張会場開設していることから、市役所会場では応対する職員数が限られますので、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

例)3月1日であれば、吉佐美地区に出張会場を設けておりますので、市役所会場では「吉佐美地区以外にお住いの方」の申告相談を受け付けています。



(5)所得税の確定申告について
市県民税の申告会場開設期間中のみ、市役所及び出張会場においても令和2年分所得税の確定申告も受付しておりますが、以下に該当する申告をされる方は、下田税務署の確定申告会場(下田市民スポーツセンター【サンワーク下田】)にて申告相談してください。
なお期間中は、サンワーク下田でのみ申告相談を行っており、下田税務署内では申告相談を受け付けていません。

<市役所会場では受け付けていない確定申告の例>
・青色申告される個人事業主の方
・損失申告される個人事業主の方
・外国人の方
・分離申告の所得がある方(家や土地の譲渡、株式の譲渡、配当 など)
・雑損控除を受けられる方(災害、盗難、横領 など)
・住宅ローン控除初年度の申告をされる方
・外国税額控除の申告をされる方
・過年分の申告をされる方(令和元年分所得税以前の申告)
・準確定申告をされる方(亡くなられた方の所得税の申告を相続人が行う場合)
・修正申告、更正請求をされる方
・贈与税、消費税など所得税以外の申告をされる方 など


(6)下田税務署の確定申告会場について(下田税務署からのお知らせ)

以下、下田税務署の確定申告会場のお知らせです。

◆下田税務署から所得税の確定申告等についてのお知らせ ~感染リスク軽減のための対応~

新型コロナウイルス感染症の感染リスクを軽減するため、ご自宅から申告できるe-Taxを是非ご利用ください。
なお、相談はチャットボットやお電話でも可能です。
また、e-Taxの事前準備や申告書の作成手順は、「動画で見る確定申告」でもご案内します。
会場の混雑緩和のため、会場への入場には「入場整理券」が必要となります。
入場整理券」は会場で当日配付しますが、LINEアプリを利用して事前にオンラインで入手することも可能です。
入場整理券の配付状況に応じ、後日の来場をお願いすることもありますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
詳しくは、国税庁ホームページでご案内します。


★その他のお知らせ

区 分所得税の確定申告等無料税務相談所
お知らせ
概 要
なお、確定申告期間中は、下田税務署では申告相談を行っていません。下記のとおり無料税務相談所を開設します。
日  程2月12日(金)~3月15日(月)※土日祝除く2月16日(火)~2月26日(金)※土日祝除く
開設時間
9時~17時
(注)入場には「入場整理券」が必要です。
9時30分~12時
13時~16時(注)
会  場下田市民スポーツセンター(サンワーク下田) 下田市敷根761 
※当該施設への確定申告等に関するお問い合わせはご遠慮ください。
第一会議室、第二会議室第二会議室
持ち物・令和2年分の収入(所得)を証明する書類等(給与所得、公的年金等の源泉徴収票等)
・事業、不動産所得のある方は、収入及び経費が分かる帳簿や書類等(収支内訳書及び青色申告決算書はご自宅で事前作成をお願いします)
・各種控除証明書、領収書等(医療費控除の明細書はご自宅で事前作成をお願いします)
・印鑑
・本人名義の金融機関の口座番号がわかるもの
・税務署からの確定申告のお知らせ
・マイナンバーを確認できる書類
・身元確認ができる書類(免許証等)
その他電子申告(e-Tax)にて申告相談を行います。
税務署から送られたハガキ、封書、「利用者識別番号等の通知」をお持ちであればご持参ください。
感染防止対策について・検温を実施し、37.5度以上の発熱が認められる場合や検温にご協力いただけない場合は、入場をお断りさせていただきます。
・マスクの着用、手指消毒をお願いします。
・少人数での来場をお願いします。

・譲渡所得(株式及び土地・建物等の売却による所得)、その他の分離申告、青色申告及び贈与税の申告相談は「下田市民スポーツセンター(サンワーク下田)」のみ行っております(市役所の会場では行っておりません)。

◆問合せ先
所得税の確定申告等については 下田税務署 電話:0558-22-0185
※税務署では電話受付を自動音声により案内しております。ご用件に応じて番号を選択してください。


 更新日:2021/01/11
このページに関するお問い合わせ: 税務課: 下田市東本郷1-5-18: Tel 0558-22-2218: Email zeimu@city.shimoda.lg.jp