共通市章

文字サイズ

南伊豆地域広域ごみ処理事業について

下田市、南伊豆町、松崎町及び西伊豆町で協議を進めている「広域ごみ処理事業」についてお知らせします。

ごみ処理施設の状況
1市3町のごみ処理施設は、いずれも稼働から20年以上経過しています。
施設の耐用年数は一般的に20〜25年とされており、各施設とも老朽化が進み、維持管理が大きな負担となっています。
設置主体施設名処理能力処理方式炉形式稼働開始
下田市下田市営じん芥処理場56トン/日ストーカ式准連続運転S57.4
南伊豆町南伊豆町清掃センター15トン/日ストーカ式バッチ運転H3.3
松崎町クリーンピア松崎16トン/日ストーカ式准連続運転H11.4
西伊豆町西伊豆町クリーンセンター45トン/日流動床式全連続運転H10.4

なぜ広域で行うのか
人口減少社会では、ごみ処理に限らず、行政の様々な分野で広域連携が求められています。
広域で取り組むことにより、事務の効率化が図られ、事業費の削減などの効果が得られるためです。

ごみ処理においては、
「人口減少等に伴うごみ量の減により施設稼働率が低下し、非効率な運転となっていること」
「財政状況の悪化等により、自治体単独で施設を維持管理することが困難となっていること」
が挙げられ、持続可能なごみ処理事業を継続していくためには広域処理(集約化)が必要とされています。

広域ごみ処理基本構想
1市3町のごみ処理の現状と課題を整理し、広域化に向けた基本方針などを「南伊豆地域広域ごみ処理基本構想」としてまとめました。

南伊豆地域広域ごみ処理基本構想(pdf 4,042kb)
南伊豆地域広域ごみ処理基本構想(概要版)(pdf 595kb)

広域ごみ処理事業に関する1市3町の合意事項
これまでの協議で合意した事項について、1市3町で合意文書を取り交わしました。

南伊豆地域広域ごみ処理事業に関する覚書(写)(pdf 123kb)
 更新日:2021/11/19
Get Acrobat Reader
このページでダウンロードできるファイルはPDF形式で作成されています。PDFファイルをご覧頂くためには「Adobe(R)Acrobat(R)Reader」が必要です。
「Adobe(R)Acrobat(R)Reader」は、左記の「GetAcrobatReader」のボタンからダウンロード可能です。
 
このページに関するお問い合わせ: 環境対策課: 下田市敷根13-11: Tel 0558-22-2213: Email kankyou@city.shimoda.lg.jp