共通市章

文字サイズ

電気柵の適切な設置・管理をお願いします

鳥獣被害防止用の電気柵を設置する際は、感電による事故を防止するため、
下記事項を遵守していただくようお願いいたします。

1.電気柵の電気を30ボルト以上の電源(家庭用コンセントの交流100ボルト等)から供給するときは、
  電気用品安全法(昭和36年法律第234号)の適用を受ける電源装置を使用すること。


2.上記1.の場合において、公道沿いなどの人が容易に立ち入る場所に設置する場合は、
  15ミリアンペア以上の漏電が起こったときに0.1秒以内に電気を遮断する漏電遮断器を設置すること。


3.電気柵を設置する際は、周囲の人が容易に視認できる位置や間隔、見やすい文字で危険表示を行うこと。

4.事故が発生した際に、すぐに通電を解除できる開閉器(スイッチ)を電路に設けること。


【参考】
経済産業省電気さくパンフレット(pdf 1,040kb)

また、電気柵等の設置に関しては、原材料費の50%を市で補助しています。(上限10万円)
 更新日:2017/09/25
Get Acrobat Reader
このページでダウンロードできるファイルはPDF形式で作成されています。PDFファイルをご覧頂くためには「Adobe(R)Acrobat(R)Reader」が必要です。
「Adobe(R)Acrobat(R)Reader」は、左記の「GetAcrobatReader」のボタンからダウンロード可能です。
 
このページに関するお問い合わせ: 産業振興課: 下田市東本郷1-5-18: Tel 0558-22-3914: Email sangyou@city.shimoda.lg.jp