文字サイズ

母子家庭等自立支援教育訓練給付金


この制度は、ひとり親家庭の親の就労を促進するため、雇用保険の教育訓練制度の指定訓練講座を受講し、終了したときに講座受講料の60パーセント相当額を下田市から支給するものです。

対象となる方、対象となる講座、事前相談など、条件があります。詳しくはご相談ください。



【対象となる方】



【対象となる講座】

雇用保険制度の教育訓練給付金の指定訓練講座など

参考 ⇒ 厚生労働大臣指定教育訓練講座一覧



【支給金額】

受講料の60パーセント(ただし、1万2千1円以上20万円以下)を受講終了後に支給します。



【申請時に必要な書類】

①申請書(窓口相談時又は郵送にてお渡しいたします。)
②戸籍謄本(発行後3か月以内のもの・母(父)と児童が別の場合は、各々1通ずつ)
③児童扶養手当証書の写し
④受講対象講座指定通知書の写し
⑤教育訓練経費の領収書
⑥給付金受取口座がわかるものの写し(通帳又はキャッシュカード)
⑦認印
⑧講座案内(パンフレット等)



【給付金受給までの流れ】

(1)この制度の利用を希望される方は、事前相談が必要です。希望の教育訓練講座と現在の職業の関係、生活状況、自立の可能性などについて審査するために、教育訓練講座に申し込みをする前に余裕をもってご相談ください。

(2)申請後、1~2週間で対象講座指定通知書と支給申請書を送付します。

(3)講座が修了したら、支給申請書を提出していただき、1~2週間で支給決定通知書を送付いたします。



【その他】

本事業は、国庫補助事業になります。
※随時、制度改正等がある場合がございます。

参考 ⇒ 厚生労働省ホームページ



 更新日:2017/01/26
このページに関するお問い合わせ: 福祉事務所: 下田市東本郷1-5-18: Tel 0558-22-2216: Email fukushi@city.shimoda.shizuoka.jp