共通市章

文字サイズ

【ご案内】平成30年度市民税・県民税の申告について(2/16〜3/15)

・平成30年度分の市民税・県民税を決定するため、平成30年2月16日より申告受付が始まります。
・これは、あなたの平成29年中の所得及び控除(配偶者・扶養・障害者・生命保険・医療費 等)について申告するものです。


(1)申告の対象者について
・平成30年1月1日に下田市に住所がある人は、原則として申告が必要です。
・また、前年中に収入がなかった方でも、非課税証明書の発行、国民健康保険税や後期高齢者医療保険料、介護保険料の算定、その他の手続き等で必要となりますので、期間中に必ず申告してください。
・ただし、所得税の確定申告をされた方や、給与所得者で年末調整済みの方などは申告が不要となる場合があります。
次のフローチャートを参考に申告の必要有無をご確認ください。


申告フロー改善7


(2)申告時のもちもの
申告される際には、次のものをご持参ください。

1.印鑑(認め印で可)
2.個人番号がわかるもの(マイナンバーカード、通知カード、マイナンバーが記載された住民票の写し など)
3.身元確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、保険証 など)
4.平成29年中の収入(所得)の金額を証明できる書類

<よくある所得における必要書類の例>
対 象必要な書類 等
事業所得者
営業/農業/漁業など
売上、経費が分かる帳簿書類 等(平成29年中分)
給与所得者
会社員、公務員など
給与所得の源泉徴収表(平成29年分)
公的年金受給者公的年金等の源泉徴収票(平成29年分)

<その他に所得がある方の例>
所得の例必要な書類 等
個人年金生命保険会社等から発行される個人年金の支払証明書等
(平成29年分の支払額、経費が証明できるもの)
生命保険の満期金生命保険会社等から発行される支払の証明書等
(平成29年分の支払額、経費が証明できるもの)
その他その他平成29年中の収入がある方は、その収入額と
経費の額を証明できる書類等を持参ください。

5.各種控除証明書(すべて平成29年中のもの)
控除の種類 必要な書類 等
社会保険料 ・納付額のお知らせ
(1月下旬〜2月上旬に市役所から送付される国保・後期高齢・介護保険料の支払額のお知らせ)
・国民年金保険料の払込証明書 など
生命保険料・生命保険料の控除証明書
地震保険料・地震保険料の控除証明書
・旧長期損害保険料の控除証明書
医療費・「医療費控除」と「医療費控除の特例」のどちらかを選択して控除を受けます。

●医療費控除(従来の医療費控除)を受ける方
・診療費等の領収書、治療のために購入した医薬品等のレシート(領収書)
・医療保険者からの高額療養費等の支給がある場合、支給額の分かる書類
・生命保険会社等からの保険金の支給がある場合、支給額の分かる書類

●医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)を受ける方
・薬局等で対象薬品を購入した際のレシート(領収書)
・生命保険会社等からの補てん金の支給がある場合、支給額の分かる書類

★お願いです(合計額を予め計算しておいてください)
医療費控除または医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)を受けられる際には、「人ごとに医療機関別(支払先別)の支払医療費等の合計額や交通費の合計額」を予め計算しておいてください。円滑に申告を受けていただくため、ご協力お願いします。

寄附金寄附先の団体等から発行される「控除証明書」や「領収書」
★ふるさと納税「ワンストップ特例」をされた方
「ふるさと納税」のワンストップ特例を申請済みの方が申告をされる場合、「ワンストップ特例」が解除となります。
そのため、所得税の確定申告を行い、「ワンストップで申請した寄附金」他、全ての寄附金の証明書を添付等しなければ控除が適用となりません。
※その他の控除がある方の必要書類については、税務課市民税係までお問い合わせください。

6.所得税の還付金を受け取る預貯金口座がわかるもの(申告者ご本人のものに限ります。還付がある場合に必要)
7.障害者の方は、障害者手帳や療育手帳、障害者控除対象者認定書
8.配偶者に所得がある方は、配偶者の平成29年中の所得金額が証明されるもの(源泉徴収票など)
※扶養控除を受けられる方は、被扶養者(扶養になる方)のマイナンバー(個人番号)が分かるもの。

※前年の申告書、収支内訳書等の控えがあればご持参ください。
また、次の(イ)の書類が市役所から、又は(ロ)や(ハ)の書類が税務署から送付されている場合はご持参ください。
(イ)平成30年度市県民税申告書
(ロ)「所得税及び復興特別所得税の確定申告のお知らせ」ハガキ
(ハ)平成29年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告書


(3)平成30年度市県民税申告会場の日程
・平成30年度の市県民税申告会場を次のとおり開設します。
・申告会場は大変に混み合い、お待ちいただく時間が長くなることが予想されますので予めご了承ください。
※期間前の申告書提出も、市役所9番窓口にてお受付いたしますが、「申告の相談」が必要となる場合には、2月16日から開設される会場にお越しください。


【日 程】
平成30年2月16日(金)〜3月15日(木)まで(土日を除く)

【会場・受付時刻】
下田市役所2階 大会議室 
午前9時~午後4時

【出張会場のお知らせ】

下記日程にて、出張会場を開設します。
ただし、対象地区の開場日には「市役所会場での申告」は受け付けできません。
日  程対象地区会  場受付時間
2月16日(金)須原須原区民会館 9:30~11:30
2月19日(月)横川横川諏訪神社 9:30~11:30
2月20日(火)北湯ヶ野北湯ヶ野区集会所 9:30~11:00
2月21日(水)
箕作・相玉・椎原・
宇土金・落合・荒増・
堀之内・
加増野
稲梓基幹集落センター 9:30~14:30
2月22日(木)大賀茂大賀茂区公会堂 9:30~11:30
田牛田牛区集会場13:30~15:00
2月23日(金)吉佐美朝日公民館 9:30~14:00
2月26日(月)白浜白浜公民館 9:30~11:30
白浜旧板戸公民館13:00~15:00
2月27日(火)須崎須崎漁民会館 9:30~14:00
2月28日(水)柿崎柿崎公民館 9:30~11:30
柿崎外浦区集会所13:30~15:00
3月 1日(木)全地区市役所 大会議室 9:00~16:00
3月 2日(金)東中・西中・中・高馬中公民館 9:30~14:30
3月 5日(月)立野・蓮台寺・河内・
本郷
稲生沢公民館 9:30~14:30
3月 6日(火)大沢上大沢区集会所 9:30~11:00
3月 7日(水)四・五・六丁目・
旧岡方村
市役所 大会議室 9:00~16:00
3月 8日(木)一・二・三丁目
3月 9日(金)東本郷・武ガ浜
3月12日(月)西本郷・敷根
3月13日(火)全地区
3月14日(水)
3月15日(木)

(4)所得税の確定申告について
・この期間中のみ市役所の会場においても平成29年分所得税の確定申告も受付しておりますが、以下に該当する場合には下田税務署の確定申告会場(下田市民スポーツセンター【サンワーク下田】)にて申告相談してください。
・なお期間中は、下田税務署内では申告相談を受け付けていません。

<市役所会場では受け付けていない申告の例>
・青色申告の方
・損失申告の方
・分離申告の所得がある方
⇒ 家や土地の譲渡、株式の譲渡、配当 など
・雑損控除を受けられる方
⇒ 災害、盗難、横領 など
・過年の申告を受けられる方
⇒ 平成28年分所得税以前の確定申告
・準確定申告を受けられる方
⇒平成29年中に所得があり亡くなった方の申告
・修正申告を受けられる方
・贈与税の申告 など


【日 程】
平成30年2月16日(金)〜3月15日(木)まで(土日を除く)

【会場・受付時刻】
下田市民スポーツセンター(サンワーク下田)
午前9時~午後5時(受付終了:午後4時)


 更新日:2018/01/04
このページに関するお問い合わせ: 税務課: 下田市東本郷1-5-18: Tel 0558-22-2218: Email zeimu@city.shimoda.lg.jp