共通市章

文字サイズ

家庭ごみの分け方・出し方

【燃えるごみ(週2回収集)】

■燃えるごみは、市指定のごみ袋に入れて収集日に出してください。
■生ごみは、水切りしてください。また、75リットル袋に目一杯入れるのはやめましょう。
 (破れると不衛生で近所迷惑となります。)
■びん・カンその他のリサイクル分別ごみは入れないでください。
■市指定のごみ袋には、区名・氏名を記入して下さい。
■ルール違反のごみは収集しません。

生ごみ(生ごみ) プラスチック・ビニール類(プラスチック・ビニール類)
落ち葉・小枝・板切れ(落ち葉・小枝) 紙くず(紙くず)
ゴム・皮革類(ゴム・皮革製品)アルミホイル(アルミホイル)

〇その他:布・綿くず、掃除機のチリ、タバコの吸い殻、生理用品・紙おむつなど


【リサイクル分別ごみ(月2回収集)】

■カン   青コンテナ(大)へ入れて下さい
       水洗いしアルミ、スチールに分け、アルミは軽くつぶす
      スプレー缶は中身を使い切る
       (アルミ製スプレー缶はスチール缶扱いにしてください)

アルミ缶(アルミ缶) スチール缶(スチール缶)

■びん   青コンテナ(小)に入れて下さい
      キャップをとり、水洗いして色別に分ける
      中身が飲料、食品、飲み薬など口に入る物が入っていたびんに限る
      調味料などのプラスチック製キャップも必ずはずしてください
      塗り薬や化粧品のビンは、ガラス・陶器を入れるグレーのコンテナへ入れてください
無色のビン(無色ビン) 茶色のビン(茶色ビン)

その他の色のビン(その他の色ビン)

■ペットボトル    ペットボトル回収袋へ入れてください
           キャップをとり、水洗いして軽くつぶす
           プラスチック製容器が間違って出されることがあります。PET1マークがあることを確認してください
ペットボトル

■古紙(新聞、雑誌、段ボール、牛乳等紙パックなど)
    種類ごとに白紙ひもで十文字にしばる(別の種類を混ざないでください)
     ビニールひも不可、カタログ等のビニールはとり、段ボールは折りたたむ
     紙パックは水洗いし、切り開き、乾かす(内側が銀色のものは不可。プラスチックの注ぎ口はとる)

古紙

■ガラス・陶器・化粧ビンなど:グレーのコンテナへ入れてください
ガラス・陶器・化粧ビンなど

■蛍光灯・電球:元々入っていたケースか透明ビニール袋に入れて出してください。
蛍光灯・電球

■乾電池:乾電池用容器に入れてください。
 (※鉛バッテリーは販売店で回収。ボタン型電池は回収協力店へ)
乾電池
ボタン電池回収協力店検索(一社 電池工業会) ※外部リンク

■金属キャップ:金属キャップ用容器に入れてください。
        金属キャップ、王冠、クギ、釣針、カミソリの刃、金具など


■廃食用油(植物性):元々入っていたプラスチックボトルかペットボトルへ入れて出してください。
             (ラードや石油系油は不可)
廃食用油
■小型粗大ごみ(概ね50センチ四方以内の不燃系ごみ):グレーのコンテナへ入れてください。
 ※プラスチックは燃えるごみへ
小型粗大ごみ


【古着類(月2回収集)】

(再利用できる衣類全般)※主に海外で再利用されます。
■透明・半透明のビニール袋に入れ、口をしばって出す。
■再利用できる布・革製の靴(組にしてひも等で束ねる)、ベルト、バッグ、帽子、ぬいぐるみ、タオル、シーツ、毛布なども可。
■破れたり、汚れた衣類は古着回収には出さず、燃えるごみとして処理してください。
古着



【小型家電(拠点回収)】回収ボックスは市役所に設置してあります。

■回収ボックスの投入口(幅30cm×縦14cm)に入る家庭で使用した家電製品が対象です。
 ※詳しくは、別項目をご覧ください。

(回収できる小型家電の例)

  携帯電話  スマートフォン    電話機    ラジオ  デジタルカメラ  ビデオカメラ 携帯音楽プレーヤー
携帯電話スマートフォン電話機携帯ラジオデジタルカメラビデオカメラ携帯音楽プレーヤー
テープレコーダー ICレコーダー ゲーム機  ポータブルカーナビ ノートパソコン DVDプレーヤー 電子辞書
テープレコーダーICレコーダーゲーム機ポータブルカーナビノートパソコンポータブルDVDプレーヤー電子辞書
補助記憶装置  理容用機器  付属品
補助記憶装置理容用機器付属品



【粗大ごみ】指定袋に入りきれない大型可燃ごみや概ね50cm四方を超える不燃系ごみ

(清掃センターへ直接、搬入してください。※持込み手数料が必要です)
布団ふとん(1/4に切り指定袋に入れば可燃) 庭木など(庭木等) 自転車(自転車)
家具(家具) ストーブ(ストーブ) (金属類) 家電製品(家電製品)
(ガスコンロ)
ガスコンロ

※パソコンの処理方法については、別項目をご覧ください。

【家電リサイクル品目】

 エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫(保冷庫含)、洗濯機・衣類乾燥機であって、家庭用の製品が対象です。
・原則として、購入した店か買い替えたお店で引き取ります。『有料』
・買ったお店がわからないなどの場合、清掃センターで引き取れますが、家電リサイクル券(郵便局で購入)+送料が必要です。
 ※詳しくは、別項目をご覧ください。

エアコン(エアコン) テレビ(ブラウン管式)(テレビ) 冷蔵庫(冷蔵庫・冷凍庫) 洗濯機衣類乾燥機(洗濯機・衣類乾燥機)

【市で取り扱わないごみ】

主なものは下記のとおりです。
わからないときは、清掃センターまでお問い合わせください。
バッテリー(バッテリー) タイヤ(タイヤ) 消火器(消火器) ガスボンベ(ガスボンベ) ペンキ(ペンキ)
廃油(廃油) 農薬・劇薬(農薬・劇薬) 自動車部品等(自動車部品等) バイク(バイク) 耐火金庫(耐火金庫)
ピアノ(ピアノ) 耕運機(耕運機) がれき類(がれき類)
・家庭で使わなくなった水銀体温計・水銀温度計・水銀血圧計の処理方法についてはお問い合わせください。
・産業廃棄物、他市町村で排出されたごみは搬入できません。

家庭ごみの分け方・出し方平成29年4月版(pdf 1,909kb)

平成29年度燃えるごみ収集日程表・リサイクル分別収集予定表

清掃センターへのごみの持込について

家電リサイクル品目(テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機、エアコン)の処理

小型家電リサイクルにご協力ください

パソコンのリサイクルについて
 更新日:2017/04/01
Get Acrobat Reader
このページでダウンロードできるファイルはPDF形式で作成されています。PDFファイルをご覧頂くためには「Adobe(R)Acrobat(R)Reader」が必要です。
「Adobe(R)Acrobat(R)Reader」は、左記の「GetAcrobatReader」のボタンからダウンロード可能です。
 
このページに関するお問い合わせ: 環境対策課: 下田市敷根13-11: Tel 0558-22-6686: Email kankyou@city.shimoda.lg.jp